Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ElosSkateboards’s blog

Elos、最初で唯一の都市生活型スケートボード

シェイクスピアの形而上学的性質のスケートボード Shakespeare's Metaphysical Skateboard

f:id:elosskateboards:20170422021454j:plain

人は何のために、スケートボードに乗るのでしょうか?個人的には、スケートボードは逆説的なものだと思います。人が都市を造るために自然の景色を変えれば変えるほど、道路はより平らで、より長くて、そしてより滑りやすくなっていきました。目的地に着くために、人は自動車を運転したり、自転車に乗ったりします。それでも、スケートボードの利便性は、自動車や自転車ほどではありません。タクシーや人力車の運転手に頼るときと違って、スケートボードを動かせたり、操作したりするのはあなた次第です。そこでです。人は何故スケートボードに乗るのかと言えば、スケートボードは目的地に着くことより、行程を楽しめる乗り物だからです。

スケートボードはかねてから、メタフィジカルなものでありました。カリフォルニアでは、スケートボードは反体制文化の象徴とみなされたものです。巨大な波を歓迎するサーファー、雪山の斜面を滑り降りるスノーボーダーのように、都市の舗装はスケートボーダーの遊び場になります。言い換えると、スケートボードは、ライダーが環境を評する媒体です。画家は、キャンバスの上で想像力を活かします。スケートボーダーにとっては大学のキャンパスが想像力を発揮する場所です。テーマが普遍的であるからこそ、テーマは生きて響きます。スケートボードが魅力的なのはその行程が、人が環境とどう付き合っていくのかということの表明だからです。

f:id:elosskateboards:20170422024822j:plain

(場所:Mateo St Los Angeles, CA 90013 Arts District, Downtown)


シェイクスピアの時代の前に、劇場は非常に道徳主義的で、体制側によって統制されていました。それは、政府のメッセージを拡散していました。シェイクスピアは、主流の文化には興味を持っていませんでした。彼は個人的な視点から、人間のありようを探求し、性格描写を物語の筋に融和させて、観衆に自分が何者であるのかということや、人生における選択について考えさせました。

明日、明日、明日という日は
日一日と確かな足取りで
人間の歴史の最後の一節まで忍び寄ってゆく。
昨日というすべての日々は、愚か者たちに、終には塵となる
死への道を照らしてきた。消えろ、消えろ、束の間のろうそく。
人生は歩く影に過ぎない、下手な役者だ、
出番の時は舞台の上で派手な身振り大きなため息もつくが、
終わるとふっと居なくなる。
人生は白痴の語る物語だ、響きも感情も騒々しいだけで、
そこには何の意味もない。 

マクベス (第五幕、第五場、行 17-28)

この一節は、シェイクスピアの最も有名な独白のセリフです。この一節は、「人生は短いのだから、その道筋を楽しまなければならない」ということを私達に思い出させてくれます。できるだけ楽しめるように、Elosはスケートボードの新しいライフスタイルを考案しました。つまり、スケートボードは交通手段ですが、目的地に着くまでは、あなたは動くステージに乗っているのです。さあ! ドラマチックに入場してください。

f:id:elosskateboards:20170422020837j:plain

シェイクスピアは、比喩的な生活を送りました;彼の作品は、それについてのコメントです。

ジョン・キーツ (1819年2月19日)

私たちのウェブサイトはこちら:

elosskateboards.com